iwcの魅力と創業時のエピソード

iwcの特徴は現在も高い技術力を持っており会社の財産としている

この時代の多くの時計は手作りであって、職人の善し悪しがダイレクトにプロダクトに反映されたのです。
現在程分業化が進んでおらず、ムーブメントの得意なメーカーからの提供などもあったようですが、多くの場合にはオリジナルの部品と作業が必要であったと言われております。
iwcの特徴は創業者たちが技術者であったころから、現在も高い技術力を持っており会社の財産としているのです。
前進が懐中時計ブランドハワード社で働いていたために、独立後はアメリカ市場に向けた懐中時計を制作して輸入しておりました。
その後経営権をヨハネス・ラウシェンバッハ・フォーゲルに譲り、さらなる飛躍を遂げることになったのです。
現在は本社を時計の一大産地であるスイスに置いておりますが、多くのブランドが軒を連ねるフランス語圏ではなくドイツ文化の色濃いシャフハウゼンに拠点をもっております。
機能美を好むドイツ的な精神と、スイスの時計技術が組み合わさってiwcらしい魅力的でシックな仕上がりの一本が多くなっているのです。
時計好きの間ではドイツ車のような質実剛健さと、滑らかな走行フィーリングを時計の中で実現したブランドと評されております。

「この2つが気になっている…」という方が立て続けに2名。

タイプは違う気がするけど難しいですね〜💦
青文字盤ブーム到来かしら(゚∀゚)

※IWCは擦り傷がついているように見えるかもしれませんが、保護テープのせいです🙇‍♀️ pic.twitter.com/zSkplkRB3b

— ナビ子 / スリーク新潟 (@THREEC_NIIGATA) September 8, 2021

人気の時計ブランドの中でも、通好みと言われるのがiwciwcの特徴は現在も高い技術力を持っており会社の財産としている手作りの一本を作り上げる制作力にも定評があります