iwcの魅力と創業時のエピソード

手作りの一本を作り上げる制作力にも定評があります

人気の時計ブランドの中でも、通好みと言われるのがiwciwcの特徴は現在も高い技術力を持っており会社の財産としている手作りの一本を作り上げる制作力にも定評があります

日本では昔から著名なブランドとして人気があり、通が好むブランドとして高級機械式時計の2本目や3本目に選択されることが少なくありませんでした。
前述したように装飾が華美ではなく普段使いも可能であり、機械的な信頼度が高いことが通に好まれたのです。
iwcは正式名称がインターナショナル・ウォッチ・カンパニーと言いますが、日本ではインターやインターナショナルと通称で呼ばれて愛好されております。
スイスの企業ですがこうしたアメリカのブランドのような名前というのは、創業時にアメリカ市場に向けて懐中時計を開発輸入販売していたことによる戦略になるのです。
こうしたアメリカ向けに制作した背景と、スイスのハンドクラフトの力と、ドイツ的な質実剛健さが融合したところがiwcの大きな魅力となって人々を引き付けているのです。
iwcの価格帯はシンプルな時計が50万円前後となり、ムーンフェイズやクロノグラフ機構などを組み込んだものは100万円から300万円程度の価格になります。
中身のキャリバーにも定評があり、耐久性と精度は価格以上の仕上がりだと言われているのです。
一時期はマニュファクチュール体制が危ぶまれましたが、現在は社内での一貫体制を作る技術力を取り戻しており、手作りの一本を作り上げる制作力にも定評があります。